あっくんのFXド素人弱音日記(仮)

やけにFXのこと知ったかぶって素人丸出しな買い方をする奴が仲間にいる。あっくんのこと、そう思って欲しい(笑)。

2021年 04月02日(金) コレってオーバーシュート?? そんな時は上位足をチェック!

今週は、リスクリワードのリスクのほう・・・要するに決めた損切りラインを

ローソク足の実体で抜けたら!どんな理由があろうとも!損切り決済をする!

練習をしていました。

今回は、(決めた損切りラインに)固執するのも良くないという例です(汗)。

 

 

 

f:id:Acknowledge:20210404151141j:plain

状況としては、12時くらいから緩やかに上がり続け、16時に直近高値に届こうか

という具合・・・!

今朝の5時くらいに記録した高値を損切りラインに設定し、Wトップ形成→下落の

パターンだと思い、損切りライン付近で「売り」注文を入れました。

 

ところが、損切りラインを上昇突破し、ローソク足の実体も明確に抜けたのが確定

したので、

(高値=今回設定した損切りラインを越えると勢いよく上昇する事が多いので)

ドテン注文(「買い」注文)を入れてから損切り・・・!

 

結果は画像を見ての通り、

損切りラインを突破して上昇したのは僅かな上に短期間で結局下降している。

 

要するに、

下降すると思って注文したら上昇したので損切りし、そのまま上昇すると思って

注文したら下降したので損切りし、往復ビンタを喰らってしまった訳です。

 

 

f:id:Acknowledge:20201212123017j:plain

 

 

 

5分足チャートだと損切りライン越えられたと思って切ってしまったのですが――

f:id:Acknowledge:20210404153015j:plain

15分足チャートでは実は損切りラインを越えていなかったりします。

逆張りの時は必ず!上位足をチェックすべきですね。

また、

損切りラインとして設定した高値も、参加者が、あまり意識するようなラインでは

なかったように思えます。そういうの練習しないとドテンは難しいですね。

 

 

 

 

今日は仕事が休みだったので、

15時30分くらいから21時くらいまで練習していました(汗)。

 

最近は1時間強で10k前後になる事が多いので、6時間くらいやれば50kいくだろうと

考えていたけど、(トータルが)マイナスになったりプラスになったりの繰返しで、

21時近くになってようやく下のような結果になりました。

 

f:id:Acknowledge:20210404153706j:plain

結局、いつもと(仕事から帰ってきてからやってるのと)大して変わらず・・・!

休みを無駄にしたtt

2021年 03月28日(日) ボクの目標第1段階

f:id:Acknowledge:20210328090028j:plain

おなじみ今週の成績を載せようとしたら、デモ口座が終了していてログインできず。

 

練習(デモ口座)を続行するのであれば改めて申し込めば良いだけなのですが、

この機会に本番(リアル口座)を始めようか?

という考えも湧き上がりました。

ただ、購入したFX教材を全て学習した訳ではないし(学習達成率60%程度)、

教材で学んだ事を試してみたい時なんか本番ではリスクがあり過ぎます。

 

そんな訳で練習は続行するつもりです(汗)。

 

ところで、

ボクは本番における「目標第1段階」「目標第2段階」「第3段階以降」という

ロードマップを(FXデビューした以降)考えてたというか目指していました。

 

「目標第1段階」とは、

現在の資金(投入可能金額)で、毎日10k・・・或いは毎週50kのプラス収支を

確実に!持続する事。そして、計2000kを越えた当りで「目標第2段階」に移行。

 

実は、この

『毎日10kか毎週50kを確実に稼ぐ』という設定が全目標段階の中で最も重要で

最も難易度の高い技術が求められるものだったりする。逆に云えば、これが

当り前のようになれば、「第3段階」に移行するのも時間の問題だったりします。

 

ちなみに「第3段階」まで辿り着く事ができたら、け、結婚も視野に入れています!

 

じゃあ現段階の実力はどんなものなの?と云われると、

10K前後のプラス収支で終える日が多くなっているけど、1週間に1回くらい30k負け

するカンジですね。今後これを練習で改善し、本番デビューに漕ぎ付きたいですね。

(FXはボクの結婚がかかってるんだ!みたいな話になってしまった気が・・・笑)

2021年 03月15日(月) 移動平均線集中チャートの負けトレード

チャートを見ていると、移動平均線が集まってきて、その集まって束になったような

ラインを上に抜けたり下に抜けたり・・・と云ったようなことを繰返している場面に

遭遇する事があると思います。

これは

値動きが一気に動き出す前触れとも云うべき膠着状態だという事が知られています。

 

 

 

f:id:Acknowledge:20210321103553j:plain

ボクは、青線(60分移動平均線)と黄緑線(15分移動平均線)の距離が近い事、

青線を下抜けるほうが大変である事、リスクリワードが最低でも1:2になる事、

から黄緑線の部分から「買い」注文を入れました。

 

結果として、青線を一気に下抜けし、一時的なものだろうと更に「買い」足した

お陰で、25kの損益となりました。

しかし、エントリーした根拠という点を考えると間違っているとは思えない

(結果的に下降したが、同じような場面で上昇する事だってある)。

 

 

――では、

こういうチャートを見た時、いつの時点で上昇なのか下降なのかを判断できるか?

 

GBP(英ポンド)の各通貨ペアの様子を調べてみたのですが、

ちょうど青線を下に突き抜けた同時刻くらいに

(それまでポンド高が続いていたのに)突如ポンド安に転じている。

これは終わった後に見てるから、結果的に、ポンド安になっているのが判るので

あって、今回のケースではリアルタイムでは結局のところ判らない。

 

結局は、移動平均線集中の膠着状態からどっちに抜けるかの判別の目安は、

移動平均線の束を勢いよく抜けた時その5分足が確定するまで判らない、という

事でしょうか。

 

ちなみに、この5分チャートを15分チャートで見てみると、

膠着状態(横ばい)で推移したと思っていた値動きは微妙に上昇を続けており、

ボクが「買い」を入れた部分は、(いわゆる)必勝パターンで下落する前座

だったようです。注文を入れる前に上位足はチェックしたほうが良いですね。

 

 

 

 

 

 

おなじみ、今週(3月15日~3月19日)のデモトレード(練習)結果。

 

f:id:Acknowledge:20210321103616j:plain

今回は自動注文を何度か試したりしているので、それを差引くとプラマイゼロくらい

だと思います(汗)。

2021年 03月08日(月) 必勝パターン考察

今週は、FX教材で学習した、テクニカル(過去のチャート統計)的に勝ちやすい

パターンの中で(利益幅・時間効率を考えた時に)最も!優れているとされている

パターンが現れた時のみ注文を入れて検証してみました。

 

この(いわゆる)必勝パターンは、ボクの参戦している時間帯(19時~21時)でも

毎日どこかしらの通貨ペアで出現し、

規模の大小(或いはそれが本当に必勝パターンだったのか)を抜きにすると、

計10回ほど体験する事ができました(今週は偶然発生しまくっただけかもですが)。

 

結論から云うと、

体験した10回強のうち、必勝パターンとして成立した?と思われるのは2回でした。

 

今回は、その成立したと思われる2回のうち、1例を紹介しようと思います。

 

 

f:id:Acknowledge:20210313204714j:plain

 (いわゆる)必勝パターンの出現条件は――

まず上昇或いは下降し続けている(トレンドが発生している)期間(①)があり、

その上昇或いは下降の勢いが弱まって横ばいで推移(②)し、

反転してそのままボリンジャーバンドにタッチ(③)する、という流れで、

 

要するに、このチャートを例にすると、

上昇から下降に転じていく中で安全かつ効率的な場所からエントリーする手法です。

 

①、②、③、の条件を満たしたらあとは黄緑色のライン(30本移動平均線)まで

戻ってくるまで待ち続け、戻ってきたらエントリーするという形です。

 

この手法は、①の上昇(或いは下降)している時間が長い程・上昇幅が大きい程

下降する(或いは上昇)する幅が大きい(教材の例だと、①の上昇幅の4割程度が

短時間で下落していた)ので期待していたのですが――

 

 

 

f:id:Acknowledge:20210314110842j:plain

ボクがエントリーした例では、

エントリーラインで上昇・下降を繰り返し、横ばいで推移。

この手法は上昇(下降)トレンドで推移してる中での逆張り(反転狙い)なので、

まだ上昇する可能性も十分あり、30分後くらいに薄利で逃げました(決済)。

 

必勝パターンでもなんでもないじゃん、フザけんなコラー!!

 

と思いつつ、その後チャートはどう動いていくかを観察――

 

 

 

 

f:id:Acknowledge:20210314110905j:plain

なんと!決済した45分後に下落・・・!下落しまくっていきました。

 

でも

このチャート見て、下に落ちると信じて待ち続ける事ができるか?というハナシ。

 

ボクが決済した後、上昇し、損切りしなければならないラインを2回も突破している。

特に、損切りポイント②では、決済しないままポジションを保有し続けていたら、

20PIPS以上(ボクの投資額で云えば20k以上)の含み損になっている。

 

どうしても下落するのを狙うのであれば、

今回のように30分過っても下降しなければ切るか最低でも損切りポイント①で切って

エントリーし直すしかないかもしれません。

 

どちらにしろ(1日に)1時間~1時間半程度しかFXやっていないボクからすると

時間的に厳しいし、不発(ちょっと下降したと思ったら上昇再開)のほうが多い。

 

ただ、

この必勝パターンに当てはまらなかったら逃げる(或いは注文しない)という

判断が容易にできるという意味では安全だし、通貨の強弱を考えなくてもいいという

気楽さを考えると、優れた手法と云えると思います。

 

しかも必勝パターンに入る前――

下降し始めてボリンジャーバンドにタッチする(③)期間でそこそこ利益がとれる

のが判ったので、必勝パターンのほうをおまけと考えても良いかもしれません。

 

 

下の画像は、(金曜日を除く)今週の成績です。

利益の9割は必勝パターンの前座によるものだったりします。

 

 

f:id:Acknowledge:20210314112222j:plain

FX上達しなかったら、最悪、このパターンだけでも極めれば喰っていけそうですね。

 

2021年 03月07日(日) 本番復帰の目安について

練習(デモ口座)に移行してから1ヶ月以上が過ちました。

 

 

副業という位置付けとは云え、本番(リアル口座)で全く!利益を出さない以上、

現在のボクは、仕事もしないでゲームしているだけの状態と何ら変わりません。

 

このままダラダラとやってて――最初は復帰する意欲満々だったのがいつの間にか

別に復帰しなくても良くなくね?とかなったり、ある日(実力不足なのに)気分で

復帰しちゃって結果大敗しちゃってもうFXやらなくて良くなくね?とかなったり。

 

そんな訳で、今回は、本番への復帰条件みたいなものを改めて考えてみました(汗)。

 

 

 

1.自分の損切りルール決定と習慣化

2.自分の追玉ルール決定と習慣化

3.購入したFX教材を最後まで学習

4.本番で負けた分の金額の補充

 

現段階では「1」が全く出来ていない。自分のエントリーしたポジション(建玉)が

含み損になると自分の都合の良い解釈(願望)でルールが曖昧になったり、更には

(「2」で云う)追加注文(追玉)して含み益になったところで逃げようという悪癖

までついてしまっている。

自分の都合の良い解釈(願望)通りに相場が戻ってくれば問題ないのだろうけど、

そうならなかった場合は損切りを遅らせた上に追玉しているので当然大負けになる。

 

「3」は、以前の記事でチラっと書いた3万円のFX教材ではなく、その前に購入してた

FX教材がもう1つあって(全体の20%程度学習した状態で放置していた)、

改めて最初から学習し始めたら参考になる事や勘違いしていた事が結構あったりで、

少なくても全て一通り学習してからじゃないと本番には入れないと思っています。

 

まあ兎にも角にも損切り

プロの人でも50%くらいは負けるんですから、その負けトレード時に、如何にして

被害を最小限に食い止めるか? 

これを自分の中である程度完成させないと本番なんてとてもじゃないけど入れない。

――そう考えると、

本番に入れるはまだまだ時間がかかるかもしれませんね(汗)。

 

 

f:id:Acknowledge:20210307083936j:plain

 

 

 

 

 

 

 

おなじみ今週1週間の練習(デモ口座)での結果。

 

f:id:Acknowledge:20210307084006j:plain

 

今週は、含み損になったのをそのまま放置してたら翌日そこそこ含み益になってたり、

3時間程度やってた日もあったので、毎週の比較としては参考にはならないでしょう。

もし本番でもこれだけ毎週勝てるようになれたら満足ですね。